CATEGORY 変態ママVR

巨乳動画 【VR】【8K超肉感特化VR】極・変態ママが毎朝●すのは成長期の息子!ボクを独占したい狂った愛情でザーメン搾取性交VR 野咲美桜

【この作品を観る上での心構え】
仕事や人間関係、将来の不安や、明日やらなければいけないタスク。
そんな雑念は全て忘れてください。
心を解放して、リラックスしてください。貴方は、成長期の【僕ちゃん】です。
これから貴方は、爆乳の変態ママから、無償の愛情を注がれます。
ママの愛情の海に身を任せましょう。
ローションは温まってますか?
オナホールは人肌まで温まりましたか?
ドアの鍵は締めましたか?
それでは行きましょう。

【こんなお話しです】
「おはよう僕ちゃん」
「おきて~あさだよ~。」
「起きれるわよね」
チ●チンさわさわ
「じゃあ徹底的に起こしちゃおっかなぁ~。」
舌を舐めずりながら見せつける。
まさに変態ママ
「僕ちゃん乳首弱いもんね~。」
チ●チンさわさわ
「チ●チン楽にしてあげる。」
「あらぁ?もうこんなに硬くして。」
「仕方ないわねぇ。」
「じゅぽじゅぽしてあげましょうね。」
パンツを脱がして生チ●チン登場!!
「気持ちよくしながら起こしてあげるね」
フェラ。
ジュボジュボ長い舌が絡みつくめっちゃ気持ちのいいフェラ
「あら?やっと起きた?」
「いつもしてる事じゃなーい。」
「僕ちゃんの子供のち●こは先に起きてたよ。」
「おはようのちゅーがまだだったね。」
「おはよー。」
キスキスキス。
囁き「目覚めてきた?でももっとじゅぽじゅぽしましょうね~。」
さらにジュポフェラ!!
「僕ちゃんチ●チン我慢してるのママ嬉しい」
乳首舐め手コキ。
ヤバイ!これはヤバいよママ!!
乳首もコリコリしてきた。
「ママのトロトロのお口気持ちいいですか?」
右の乳首を舐める
ママはどっちの乳首も平等に舐めてくれる優しいママなんです。
囁き「もーっとして欲しいんでしょ?ホラちゃんとママに言ってみて。」
「ほらどうして欲しいの?ちゃーんと言ってみて。」
「もっとして欲しんだ?」
「ママのお口でいっぱいじゅぽzっゆぽしましょうね。」
フェラ
「なーに?チ●コミルクもう出ちゃいそうなの?」
「だーめ。我慢したらもっと気持ちよくなれるからね~。」
ノーハンド首振りフェラは暴発必須!!
「僕ちゃんのおチ●チンひくひくしててかわいい~。」
「もう出したいの?」
「じゃあ他のうちではこんなことしないって言ったけど言わないよね?」
「ママの事を悲しませないで。」
乳首舐め手コキ。
キス
囁き「お耳も気持ちいい?」
耳舐め。
咥え込みフェラ
「乳首も弄りながら」
【口内射精】
「朝からいっぱい出ましたね~。」
「綺麗にしようね。」
キス。
「僕ちゃんもっとしたいの?」
「今日はお休みだしママのいう事聞けていい子だからいつもと違う事いっぱいしてあげる。」
囁き「僕ちゃんのだーい好きなママの唾あげる~おくちいっぱい開いて~。」
涎飲ませ。
「おいしい?もっと欲しいの?」
「じゃああもう一回お口あーんてして。」
上を脱ぐ。スカートも脱ぐ
黒の下着がセクシーいやらしい。
「ママのおっぱいさわりたいでしゅか?」
「どうしよっかな~。」
(触りたいです)
「よく言えました。」
ブラを取る
「もっとよく見てぇ。」
「ママのおっぱいですよ~。」
セルフ乳もみ
「じゃあいいこだから」
乳揉み。
「ママ汗かいちゃた。」
「もっと好きに触っていいよ。」
「じゃあいつものトロトロしたの塗りましょうか?」
オイル投入。
「良―く塗って~」
テカテカ乳揉み
「おっぱいの下も塗って~。」
「僕ちゃん上手に触れてるからお顔ペロペロしてあげるねぇ」
顔舐め
【いいこいいこ】
「かわいいねよしよし」
【笑顔が素敵な変態ママ】
「ママのお尻も見たい?」
「いいよ。ほらよーく見て。」
「お尻もさわっていいわよ~。」
尻揉み
「僕ちゃんもみもみするの大好きだもんね~。」
パンツも脱ぐ。
オマンコ見せつけ。
「じゃあお尻もヌルヌルテカテカにしようね。」
「じゃあママの事も気持ちよくして欲しいなぁ」
【ガニマタおまんこくぱぁで指マン】
「僕ちゃんの指入ってった。」
「やめられなくなちゃう。」
「もっと激しく。」
M字でペタン。
「ねぇ僕ちゃん。玩具使って欲しいなぁ。」
バイブ。
「もっとジュボジュボして。僕ちゃんのだと思うからじゅぼじゅぼして。」
「イク。イク。」
「出ちゃう出ちゃう出る~。」
潮吹きまくり
【お漏らししまくりの変態ママ】
「イクイクイクうううううううう」
「あぁだめえーーーーー。」
イキまくり。
「あーんして。涎を飲ます。」
「気持ちよかったよ。いいこだね。いいこいいこ。」
キス
「僕ちゃん緊張してるわね。」
「嬉しいー。」
「でもこれは僕ちゃんとママだけの二人だけの秘密よ。」
「先生にも友達にももちろんパパにもナイショ。わかった。」
「いいこにしてたらもーっと気持ちい事してあげる。」
「僕ちゃん出したばっかだから凄っい匂うよ。オチ●ポミルクの匂い」
「でもなんでこんなにビンビンなの。」
「どうしてほしい?シコシコして欲しい。」
「またベロンベロンにして欲しいのかな。」
「ほらこうしてシコシコして欲しいの。」
【熟練のテクニック手コキ】
「じゃあ早いのは?ホラ。」
「また出そうなのどうなの?だしてだしてまたパンパン。」
「wwwまーだだめ。」
「敏感になっちゃてるのね。」
「我慢出来たらご褒美あげるからね。」
「ほら我慢してぇ。」
「ほーらほら。僕ちゃんのおち●ぽはママのものなんだから」
「イイって言うまで出しちゃだめよ。」
「ホラほら。気持ちいい?気持ちいい?」
「イキそうイキそうなの?イキたい?」
パッと離す。
「まだだーめ。」
「たまたまもぱんぱーん。」
「出したばっかなのにパンパンだね~。」
「イキたかったらちゃんとお願いするのよ。」
「イキたいですって言うのよ。」
「ほーらちゃんとお願いして。」
「ママの手でイキ多いんですって。」
「イク?イク?イク?」
寸止め。
「よく我慢できました。もーっと気持ちいいご褒美上げるねぇ。」
「いいこだねぇ。」
【いいこいいこ。】
「ご褒美だよ~。」
フェラ。
「ご褒美のママのお口気持ちいい?」
「何処が気持ちいいか言って~。」
「それとも根元のたまたまの方かしら~?」
「我慢出来てえらいねぇ。ママのお口も気持ちいいけど我慢しようねぇ。」
「ママのこんな気持ちいのいい事体験したら他の娘のだと何もかんじなくなっちゃうかもねぇ。」
「でもいいのよそうなったらママが一生してあげる。」
「ほらママのふわふわおっぱいでもしてあげる。」
「ふわふわおっぱいあったかい~。」
「「このチ●ポ隠れちゃうねww」
「ままのおっぱい気持ちいい?」
「おっぱい本当に好きだもんねぇ。
「僕ちゃんもぞもぞしてどうしたの?」
「ザコチ●ポだからだしたくなっちゃた?」
「ざーこ。ざーこw本当にざーこww」
「ザコチ●ポからいっぱいミルク出したいの?」
寸止め
「ミルクだしたいね。」
「ママのおっぱいにオチ●ポミルク出したいですって。」
キス。
「いっぱい我慢出来たからいっぱい出来るよね。」
【パイズリ挟発射で1発目】
「いっぱい出せるよね。我慢させたのこのためだよ。」
「我慢したかいがあったね。でもまだ出るよね?」
【追いパイズリ挟射で2発目】
「いっぱい出せていい子だね。」
「でもまだまだこれからだよ。」
「綺麗にしてあげる」
お掃除フェラ。
「凄い匂ってる。」
【お掃除フェラ舌上発射で3発目】
「凄いねぇ。偉いねぇ。」
キス
「もっともっと。」
【キス手コキで4発目】
「また出しちゃったのぉ」
【乳首舐め手コキで5発目】
「ほらもっとだよもっと。」
「かわいい。でもまだまだ休めないよ。」
尻コキ
「あんなに我慢したんだもん。」
【尻コキ発射で6発目】
素股から騎乗位で入っちゃった!!
「はいっちゃった。」
「初めて一つになれたね。」
「ママのオマ●コ気持ちいい?」
「中に出したらダメだよ。」
【激しくピストン出そうな所をママが抜いて外出し】
「いまおま●こに出そうとしたでしょ?」
「ダメだって言ったのに。」
「でもいっぱい我慢していっぱいイケたからいい子だね。」
「ママの事も気持ちよく出来たらもーっと出来るよ。」
股抜け
お尻クンニ。
前屈フェラ。
「僕ちゃんのお尻の穴見てあげるね。」
チングリ男のアナルを舐める。
チングリフェラ
「白いのだしたくなっちゃたの?」
「まだダメよ。」
「起きて。僕ちゃんこれから大人になるんだから。」
キス
「じゃあこれから僕ちゃんのいれるよ。」
「ゆっくり入れるからね。」
騎乗位挿入
「ママの中に入ったぁ。」
「カリ首ひだひだに絡みついてる」
「根元まで入れて~。」
「はぁーああぁ。気持ちいい~」
【ベロ出しながらボクのチンコで快楽を貪り付く敏感激イキママ】
「気持ちいい。僕ちゃんの気持ちいいイクイク~。」
「僕ちゃん本当にすごいのぉ。」
【連続絶頂壮絶アクメ】
「僕ちゃんはずっとママのものだからね。」
「一生ママだけのものになりなさい。」
「この変態チ●ポ変態チ●ポ」
「あああ゛――――」
イクイク。
「お前はもうママのものママのもの」
【咆哮イキ】
【騎乗位中出しで7発目】
「もうだしちゃったの?」
「ママが出していいって言うまでダメでしょ。」
背面騎乗位
変形背面騎乗位
「ダメイっちゃう許して。」
「ラブラブ出来たの?」
【背面騎乗位中出しで8発目】
「ほら起きてぇ~。」
対面座位
「ねぇママの事を愛してる?愛してるって言って。」
「ママもボクちゃんの事が大好き」
「愛してるわぁ。愛してる愛してる愛してるーーーー」
絶叫イキ
「ママの目を見て。愛してるって言って。」
「あぁ嬉しい。」
「パパとはしないからね。これからは僕ちゃんがママの事を満足させるのよ。」
イキまくり。
【僕はママの性処理チ●ポコ】
「気持ちいい?愛するママのチンポコ気持ちいいでしょ?」
「他の子とこんなことをしたら許さないんだからね。」
「ママがイク所をちゃんとみてるのよ。」
「はぁーーーーーいくくうううう。かっかっーーーー。」
仰け反りイキ
「そう舌だしてぇ。」
「僕ちゃんんのオチ●ポ気持ちよすぎるーーーーーーー」
「僕ちゃんおっきくなったら結婚しようねーーーーーーーーーー。」
【異常愛情】
「出すまでやめちゃ駄目。ママの奥にしっかり。」
「あ゛――――う゛――――――はぁはぁ。」
【対面座位中出しで9発目】
変形バック
「僕ちゃんもっと後ろから突いてぇ。」
「あ゛――――。」
「好きに動いていいのよ。出来るでしょ?」
「僕ちゃんもっともっとーーーーーー」
「パパともうしないって約束するからママの奥に射精して~。」
【咆哮イキ】
「僕ちゃん何止めてるの。もっとよもっと。」
【ハードピストン激ラッシュ中出し】
「あぁしゅごいしゅごいしゅごいーーーーーー」
「いっぱい出た?」
【バック中出しで10発目】
「まだ終わりじゃないわよ。」
「こっちこっちよ。ホラこっち来てぇ。」
「いっぱい赤ちゃん作りたい~。」
「それ気持ちいい~。もっと見てぇ。」
「ママのイクとこいっぱい見てぇ。」
【薬キメタカノヨウナ爆裂覚醒イキ】
「ほら出しなさい。ママのオマンコに出しなさい。」
【Xxxxxxxxxxxイキ。狂っているr】
【ママのボクに対する狂愛、偏愛、歪愛】
「もっとこっちきて~」
極み正常位
「出来ない?ダメダメもっともっときてぇ~。」
「赤ちゃん出来るまでするの。ママと結婚するの。」
「最後に一滴残らず出しなさい」
【極み正常位中出しで11発目】
「僕ちゃん。だーい好き。」”

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

巨乳動画 【VR】【8K超高詳細肉感特化VR】極・変態ママが毎朝●すのは成長期の息子!テカテカ&濃厚濃密淫乱性交VR 八乃つばさ

元気ですかー!!
【肉きゅんパラダイスVR初の8K作品!!】
遂に我らが肉きゅんにも超々高画質の時代がやってきました!!
【シン】から【極】へ進化した8K変態ママを淫音魔術師【八乃つばさ様】でとくとご覧ください!!

【この作品を観る上での心構え】
仕事や人間関係、将来の不安や、明日やらなければいけないタスク。
そんな雑念は全て忘れてください。
心を解放して、リラックスしてください。
貴方は、成長期の【僕ちゃん】です。
これから貴方は、爆乳の変態ママから、無償の愛情を注がれます。
ママの愛情の海に身を任せましょう。
ローションは温まってますか?
オナホールは人肌まで温まりましたか?
ドアの鍵は締めましたか?
それでは行きましょう。

【こんなお話しです】
僕を毎朝起こしに来てくれるママ。
僕は、成長期真っ只中でいつも朝勃ちしている!!
「ちょっとー僕ちゃんいつまで寝てるの~。」
「しかもこの部屋暑いし~。」
「窓もあけないで~」
「僕ちゃん早く起きないと学校遅れちゃうわよ。」
「本当に~。おバカなボクちゃん。」
いいこいいこ。
「そんなに学校めんどくさいの?」
「え!?ちがう?」
「はいはいわかってますよぉ。」
「僕ちゃんまたここへんな感じなの?」
「僕ちゃんったらいけない子ですねぇ。」
「いい年してママに怒られて学校もさぼって赤ちゃんですか?」
「え?ママ大好きなの?」
キス。
「それにしても暑いわね~。この部屋。」
「ママの汗ぼくちゃんに付いちゃった。」
「ごめんねぇ。」
「ママがふきとってあげますね。」
舌を出しながら舐めつくす。
じゅるじゅると音を立てながら。
「ママの汗と僕ちゃんの汗が混じってしょっぱーい。」
「僕ちゃん。顔中汗ダラダラじゃなーい。」
顔に付いた汗も舐める。【顔舐め】
「ぜーんぶ舐めとってあげますからね。」
「こんなことするからおちんちん変になっちゃうの?」
「ずーとこうやってるでしょ?なんでボクちゃんなれないの?」
「ママが変態すぎてぇ。」
【顔舐め】
「おかしくなっちゃったの?」
「そんな変態ママ大好きですか?」
「もっといっぱい見てぇホラ。」
「いっぱいママの顔を」
涎を飲ませるママ。
「いっぱーい見てたいの。」
「朝からいやらしいでしょ?」
「ほら口を開けて。もっとあけなさい」
「ママのいう事きけないの?」
高低差のある【涎飲ませ】
「いいこですね~。僕ちゃん」
「ママの変態唾飲んでくれて嬉しい」
「もっと欲しい?」
息を付く間もなく【連続涎飲ませ】
「ママの唾液でお腹いっぱいになっちゃいますねぇ。」
服を脱ぐ【変態ママ】
「汗でべっちょりなの。」
「この汗ぜーんぶ舐めなさい。」
指ですくって舐めさせる。
「僕ちゃんママの汗おいしい?」
ブラを取っておっぱいを見せつける。
「我慢できなーい。」
「こーんな変態ママにしたの僕ちゃんのせいだからね~。」
おっぱいを舐めさせる。
「僕ちゃんもっとぎゅーっと揉んで。」
激し目に乳揉み。
「僕ちゃんいいわ~。」
「ママの変態おっぱいだーい好きでしょ。」
「ママのお尻に僕ちゃんのおち●ちん擦れちゃってる。」
「僕ちゃんサイコー。もっともっとおち●ちんおかしくなっちゃおうね。」
「ママのおっぱい飲んでたこと思い出して。」
「ちゅーちゅーすってまたミルクだしてごらん。」
「いいよ~じゅぼじゅぼすってーから。」
反対側のおっぱいも舐める!
「ママおかしくなっちゃう。ままいっちゃういっちゃう」
「僕ちゃんいまママどうなったかわかった?」
「僕ちゃんのお口で乳首舐められただけでイっちゃった~。」
「僕ちゃん上手。美味しかった?」
【ベロキス】でとことん吸い尽くす。
オイルを塗る。
「ママこれ大好きなの知ってるでしょ?」
【全身オイルまみれでテカテカ】
【ナイスヒップ】を見せつける。
「どろっどろの液体、僕ちゃんの大好物だったよね!?」
お尻揉み揉み。
パンツも脱ぐ。
「僕ちゃん。オチンポ大丈夫ですか?」
「ママのここ。すっごくどろどろなの。」
「ここどういう穴か知ってるよね?」
「ここからボクちゃん生まれてきたんだよ。」
「こんな小さい穴からボクちゃん出てきたんだよ。」
「良―く出てこれたわね。」
「ほら自分で触ってどんな場所か。」
指で触らせもらう。
「どう?柔らかくてヌルヌルして。」
「周りからじっくり触って。」
「ママの腰勝手に動いちゃう。」
「指でもっとしてごらん。」
「僕ちゃん上手よ。いいこいいこ」
「僕ちゃん腰を動かしてあげるから」
ママイク。
「そうだ!僕ちゃんに新しい事をさせてあげようと思って。」
「ちょっと待ってて。」
バイブ登場。
「ママ持ってきちゃった~。」
「僕ちゃんのおチ●コみたいじゃない?」
「僕ちゃん握ってみて。生まれた穴にゆっくりゆっくりぶっさして。」
バイブオン!!
イキまくり!!
「あぁぁいぐぐうぐっぐうぅぅう」
「だめだめだめーーーー」
畳みかけるように電マ責め。
「あーーーーこれが一番すきぃ。」
「ママのオマンコぶるぶるして気持ちいいの~。」
「ママの顔ずっと見てて~。かわいいーー」
「いっちゃういっちゃういっちゃうううううー」
激しく【仰け反りイキ】
潮。潮。潮。
「でちゃうでちゃうでちゃうーーーーー。」
ボクの顔まで飛んでくるママの潮!!
「大丈夫お顔に付いちゃったわね。」
「後で舐めて綺麗にしてあげるからね。」
「それにしても頑張ったね僕ちゃん。」
「びっちょびちょになっちゃって。」
「ママいっぱいイっちゃた。」
「でも僕ちゃんの事をがっちがちにびっちょびちょに汚しちゃってごめんね。」
「ママとこういう事をしてるの友達にも先生にもいっちゃ駄目だよ。」
「言う事聞けるよね。」
いいこいいこ。
「ママとこういうことしてるのなんて言うか知ってる「へんたい」って言うの。」
「ママとこういうことしているご近所の人たちにバレたらボクちゃんが変な目で見られるんだよ。もう友達とも遊べなくなっちゃうかも。」
「嫌でしょ。ナイショにしてなきゃダメだよ。」
僕ちゃんのパンツを脱がす。
「ママと約束できる?いい子。」
愛情たっぷりの【フェラ】
「僕ちゃんのおちんぽ変態だからぁ。」
「どうしうもないくらいおかしくなってるわねぇ。」
「いっぱいキレイキレイしてあげますからなね」
乳首弄りフェラ。
「僕ちゃんも毎日毎日ママがすっきりさせてるのにいつもチンチンパンパンですねぇ。」
「僕ちゃん腰上げてごらん。」
「大好きでしょママのおっぱい。」
柔らかいおっぱいでの【パイズリ】
「おっぱいをこうやってぐっちょぐっちょにして。」
「ママの乳首こうやって当たってるのわかる?」
「気持ちよさそうな顔で嬉しい。」
いいこいいこ。
「もっといっぱい声出していいんだよ。」
「おっぱいに挟んでコスコスするの大好きだもんねぇ。」
「我慢しなければだめでちちゅよー。」
「そうだ!赤ちゃんみたいな格好になってみる?」
「ちょっと恥ずかしいかもだけど。」
【チングリ】
【チングリパイズリ】
「そうだねぇ僕ちゃん。」
「自分のたまたまと竿が良―く見えるでしょ。」
「ほらアーンして。」
涎飲ませ。
「しこしこしこしこ。気持ちいいねぇ。」
「気持ちいい所でとめたらおかしくなっちゃいそうでしょ。」
チングリ手コキフェラ
【至近距離高画質フェラ】
玉吸い。
「出ちゃいそうですね~。」
「僕ちゃんもーだしたいでちゅか?」
「あぁ凄いたまんない顔してる~。」
「じゃあママにお願いしてご覧。」
「もうボク我慢できないですって。」
「ママイカせて下さいわ?」
いいこいいこ。
「よくできまちた~。」
「じゃあママがきもちよーくしてあげまちゅね。色んな事をして」
キス。
「僕ちゃん。さっきは我慢できたけど次は我慢できるかなぁ。」
「どーんどんかちこちになりまちゅね~。」
「ママのおっぱいに白くて濃いのぶっかけたいでちゅか?」
「じゃあイキたい?出しちゃう?」
【飴と鞭】発動!!
「だめに決まってるでしょ?そんなに優しいと思った?」
「だからーイカせてあげなーい。」
「いくないくないくな。がまんがまんがまん」
必死に我慢した僕。
「我慢できたじゃん。」
「はぁはぁしてどうしちゃったの?」
「イキたい?そんなにイキたかった?」
「そんなにイキたいならいいよ。」
「イキなぁ。いいよいいよ。白いの出して。」
【パイズリ挟射で1発目】
追いパイズリ
「いったけどやめなーい。」
【追いパイズリ挟射で2発目】
「こんなに白いのだしちゃってママに怒られたい?」
「ごめんね怒って。びっくりした?」
「いっぱい白いの出ましたねぇ。」
「気持ちよかった?」
「まだまだ足りなそうじゃなーい。」
「いっぱーい我慢させたのはこういう事だよ。」
「僕ちゃんがいっぱいイケるように」
乳首舐め手コキ
「もっといっぱい気持ちよくなれるように我慢させたんだよ。」
「いいよ。もう我慢させないから。」
「いいよいっぱいだしなさいよ。」
【乳首舐め手コキ発射で3発目】
「僕ちゃん。ベッド汚れちゃったじゃない。僕ちゃんの大好きな乳首に塗りたくってあげますね。」
「いっぱい汚れちゃったからマッサージ」
お掃除フェラ
「いっぱい搾りとってあげるね」
「じゃあイっていいって言うまで我慢してね。」
「いくなよ?いくな。」
「ダメダメ。我慢我慢我慢」
【フェラ口内発射で4発目】
「ちょっと~。もぅ~。」
「ナニコレ?我慢しろって言ったのに。」
「全然ものわかりよくない子でちゅね。」
「悪いチ●コはこうやって踏んづけて」
尻コキ。
「だってまだまだ出し足りないんでしょ~。」
「僕ちゃん白いの出して。」
【尻コキ発射で5発目】
「僕ちゃんのたまたま白いの出せちゃうの?」
素股
「気持ちいい。ぬるぬるですべっちゃう。」
「ママのオマ●コ気持ちいい?」
そのままスルット挿入。
騎乗位で挿入。
「僕ちゃんだめよ絶対に中に出しちゃダメよ。」
「ほらママの目を見てごらん。」
「僕ちゃん我慢できるかなぁ。」
「でもだめよ!!」
【抜いて外だしで6発目】
「僕ちゃん。いま中に出そうとしたでしょ?」
「あぶなーい。我慢できないとイクって言わないとぉ。」
「じゃあ次はママとド変態な事をしちゃおっか。」
「ママ我慢できなくてちょっとだけやっちゃったけど。」
「気持ちよくなろうね。」
「その前にもっとママと楽しい事しましょ」
僕は寝ている。
「ママのおっぱいまだまだ触り足りないでしょ。」
「柔らかいおっぱいもみもみ揉みしだいてぇ。」
「もっとママの事を馬鹿にさせて~。」
「僕ちゃん上手。」
涎を垂らしながら。
「ママのおっぱい大好きでしょ。」
「ママのおま●こぐっちょぐちょでしょ。」
「僕ちゃんが出てきた穴じっくりみなさい。」
「見えるかなぁヌルヌルした汁出てきてるの。」
「ヌルヌルおまんこぐっちょぐちょにママの事をおかしくして。」
クンニ。
「ペロペロしてもっとした出してぇ。」
「もっともっとみたい?」
「もっとママの変態な所見せてあげる。」
「開いてごらん。開いてヒクヒクしているアナルもっと見てぇ。」
「もっといっぱい開いて。おっぴろげて。」
「変態でしょママ。」
股抜け69。
前屈69
「ぜーんぶ搾り取ってあげたいわ。」
「まだまだ溜まって来たでしょ。」
「僕ちゃん。凄いじゃないここ。」
「やっとさっきの続きしちゃう?」
「ママのオマ●コにずぼずぼしたい?」
「したいでちゅは?」
「ママ入れてくださいでちゅは?」
キス。
「挿れてあげる。」
騎乗位。
「なんでこんなにカリ首カチコチなの。」
「もぅイっちゃうかも。早い?」
「ぼくちゃんの為にいっぱいいっぱい動くね」
「ママのオマ●コのなか感じてる!?」
「おち●ぽ絡み合ってどうなってる?」
「おかしくなっちゃう。」
「僕ちゃん気持ちいい。」
「ママイっちゃうイクイクイクイクーーーーーー」
乳首を弄りながら
「まだイったらだめよ。まだダメ。ママの事をもっとケモノみたいに犯してぇ。」
「おまんこイクイクイクああああああイクーーーー」
「ママの事を見てる?もっと見てぇ。」
【乳首舐め騎乗位】
「僕ちゃん言わないとわからないの?言わないとママのおっぱい揉んでくれないの?」
「そんな風に育てた覚えないよ。」
「ママの中でもっとおっきくしなさい。ママおち●ぽ足りない足りない。」
「ほら口開けないさい。」
「ママの唾液の味どう?」
「変な味する?」
「ママがおかしくなった唾液の味。」
「僕ちゃんも変態なんだからママも変態でしょ。」
激イキ
「こんなかわいいオチ●ポはママがほっておけない。」
「いっぱいいっぱい我慢したもんね僕ちゃん。」
「僕ちゃんも気持ちよくなりたい?」
「どうしようかなぁまだまだ我慢できそうだもんね。」
「僕ちゃんよりもママがイっちゃういううう」
「ママもうだめーーーーー。」
【騎乗位中出しで7発目】
「中に出すときは言わないとぉ。」
「気持ちよすぎて言えなかったの。」
背面騎乗位。
「まだまだ。おまんこぐっちょぐちょに掻き混ぜて。」
イクイクイキまくりなママ!!
変形背面騎乗位
涎も飲ませてくれる。
「僕ちゃんまた出した?」
【変形背面騎乗位中出しで8発目】
「ママのオマンコさいこー?」
「今度はママとラブラブで仲良しズボズボする?」
「ほら起き上がってごらん。」
「ママといちゃいちゃらぶらぶしたかった?」
「怖いママ嫌いだよね?ごめんね」
キス。
「だから僕ちゃんとママ。こうやって密着して。」
「僕ちゃんとママが大好きなヌルヌルをこうやってぶっかけて。」
キス。
「あぁ僕ちゃん。」
「僕ちゃんの愛を感じられてママももっと興奮しちゃう。」
「ちゃんとママが言わなくてもおっぱい揉み揉み出来るようになったね。」
「僕ちゃん偉い。いいこいいこ。」
「もっといいこいいこして欲しい?」
「じゃあママが喜ぶことをしてごらん。」
「ほら手とまってるじゃない。」
「ちゃんと力を入れないとまた怒るわよ。」
「出ちゃうっていえる?ママダメイクイクイグイグー。」
【座位中出しで9発目】
背面座位
「また忘れてる。ママがぐっちょぐちょ好きなの忘れたの?」
「ほらもっとぶっかけて。いっぱいぶっかけなさい。」
「入ってる入ってる。奥まで入ってる。」
「僕ちゃんもイク?おま●こいっしょに」
【背面座位中出しで10発目】
変形バック
「もっとパンパンして。オチ●ポでイク。オチ●ポでイク。」
【変形バック中出しで11発目】
「今度は僕ちゃんが動いて犯してくれる。」
いいこいいこ
地面特化正常位
「僕ちゃんが自分で言わなくても、、、挿れられるの?」
「気持ちいいところに挿れてごらん。」
「オマ●コの中の気持ちいい所あるでしょ。」
「パンパンパンパン腰動かしてごらん。」
「おま●こぶっ壊してぇ。」
「あぁまってママ先にいっちゃういくーーーーー。」
「いっぱい吸い尽くすでしょ?ぎゅーって絞ってあげる。」
「ねぇママと一緒にイクからね。まだイっちゃだめよ。」
「待って僕ちゃんもうダメもうダメママといっしょにイクイグイグイグググググググーーー」
【地面特化正常位中出しで12発目】
マングリでタラリ。
「僕ちゃん出し切れた?」
いいこいいこ。
「本当は僕ちゃんどうだった?ママのぐちょぐちょオマ●コ。」
「絶対ナイショだからね。ママとの約束破らないでね。」
「破らなければおっきでおかしくなったらママに任してね。また気持ちい事しようね。」
いいこいいこ。
ママを満足させられるのは僕ちゃんだけだったんです。

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
———————————————————————-
2023年12月15日(金)10:00 ~ 2024年01月19日(金)10:00の間にエントリー&対象作品を購入したお客様に特典動画をプレゼント!

【プレゼントキャンペーン概要】
期間中に【50%OFFセール第◯弾】の表記がついた作品を購入すると購入点数に応じて特典動画をプレゼント。

特典動画を受け取るにはキャンペーンへのエントリーが必要です。
購入点数やエントリー登録などキャンペーンの詳細は、特設ページでご確認ください。

【注意事項】
・プレゼントを受け取るにはキャンペーン期間中に特設ページでエントリーが必要です。
・キャンペーン期間中、第○弾ごとに対象商品は入れ替わります。
・月額動画はキャンペーン対象外です。
———————————————————————-